滅鬼悲哀物語朗読と能で描くKANAWA幽玄朗読舞 滅鬼悲哀物語朗読と能で描くKANAWA幽玄朗読舞

原案:鉄輪
上演台本・演出:村上信夫
場所:銀座博品館劇場

〒104-8132 東京都中央区銀座8-8-11 交通=地下鉄銀座線新橋駅 JR新橋駅より徒歩3分

朗読と能で描く陰陽師と鬼の世界幽玄朗読舞ゆうげんろうどくぶ・KANAWA

日本の芸能の基礎となる「能」の世界。
オリンピック開催年に向けて開催します。
アニメでも「鬼」の話は
世界中にも知られるようになりました。
日本古来の伝統芸術「能」でも
「鬼」の話はいくつもあります。
その中でみなさんにもよく知られている
能作品「鉄輪(かなわ)」を、
声優による朗読と古典舞踏家による舞、
そして光、音を駆使しながら幽玄の
新しい形のエンターテイメントを
お届けします。

お知らせお知らせ

2021.7.15
出演者決定!キャスト先行がスタートします。
お待たせしました。 新型コロナの緊急事態宣言を受けて延期になっておりました幽玄朗読舞「KANAWA」ですが、
新出演者が決定しました。
さらにスケールアップしてみなさまにお届けしたいと思います。
みなさまのご来場をぜひお待ちしております。
2021.5.13
公演延期につきまして
このたび公演延期を決定いたしました。
楽しみにしていただいていたお客様、そして出演者の皆様、所属事務所の皆様、スタッフの皆様、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけいたしますことをお詫びいたします。
非常事態宣言延長もさることながら感染拡大の勢いが止まらない状況下で稽古などでの感染リスクを鑑み苦渋の決断となりました。
しかしながら内容をブラッシュアップして完成度を高め、皆さまに楽しんでいただけるための時間ができたと前向きに捉え、来る8月公演に向けて全力で頑張っていきたいと思います。
ぜひご期待ください。
皆様にはご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。
2021.4.25
チケットのプレイガイド抽選先行情報を更新しました。
プレイガイドによって抽選受付期間が異なります。詳しくは各プレイガイドをご確認ください。
2021.4.19
幽玄朗読舞『KANAWA』エンディングテーマ曲「鏡」視聴動画アップしました。
Sarah L-eeさんが 描き下ろしてくださった楽曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=scSNfsqBgm0

 

Sarah L-eeさんからのコメント
台本を始めて読ませていただいたときは「失恋の悲哀」そして「怒り」を強く感じました。 楽曲では怒りと悲しみ、それに伴う苦しみを表現したかったので、それらを割った鏡の破片に例えて歌詞を書いていきました。 鏡に映る自身を見ると、そこには変わり果てた自分の姿(表情)がある。失恋の実感が濃くなっていく。『鏡』を通して私がこの作品から受け取った想いが届けば嬉しいです。

 

プロフィール
カナダ出身。現在、愛知を拠点に活動。3ヶ国語(英語、韓国語、日本語)をベー スに、自ら作詞作曲を手がけている。英語と日本語を織り交ぜた楽曲を制作。6 枚目のシングル「リトルクリープ」発売中。
2021.4.15
本日、11時よりぴあ・いち早プレリザーブ抽選先行開始!
おはやめにお申し込みください!!
2021.4.01
この新しい挑戦をサポートしていただく素晴らしい出演者そしてスタッフのみなさまが決定しました。

 

敬称略(男性声優・女性声優別 50音順)
赤羽根健治 伊藤健太郎 伊東健人 興津和幸 笠間 淳 神尾晋一郎
岸尾だいすけ 木島隆一 中澤まさとも 中島ヨシキ 浜田賢二 廣瀬大介 三木眞一郎
岡村明美 香里有佐 古賀葵 三上枝織 森優子 柚木涼香 吉岡茉祐

 

舞:山村楽千代 地方:佐藤紀久子 笛・囃子:設楽瞬山 太鼓:望月左京
上演台本・演出:村上信夫 音楽プロデューサー:佐藤純之介
音楽監督:印南俊太朗 エンディングテーマ:Sarah L-ee

2021.4.01
幽玄朗読舞「KANAWA」開催決定!
日本伝統芸能の「能」を「朗読劇」という形で、よりわかりやすく、そして昔から語り継がれてきた物語をより面白く表現できないかという初挑戦の舞台です。
声優のみなさんの迫力のある表現力に感動し、舞に魅了され、お囃子による生演奏、音と光による幽玄の世界をお楽しみいただけましたら嬉しいです。

KANAWA ストーリーKANAWA ストーリー

自分を捨てて後妻を娶った夫に、
報いを受けさせるため、
遠い道を幾晩も、
貴船神社に詣で、
とうとう女は鬼になってしまいます。
その鬼を稀代の陰陽師、
安倍晴明が退治する物語です。

日程・公演スケジュール日程・公演スケジュール

日付・曜日 8/31(火) 9/1(水) 2(木) 3(金) 4(土) 5(日)
開演時間 19:00 19:00 19:00 13:30 19:00 12:30 18:00 12:30 18:00
安倍晴明 浜田賢二 中澤まさとも 伊藤健太郎 赤羽根健治 井上和彦 神尾晋一郎 井上和彦 三木眞一郎 笠間 淳
藤原和人 廣瀬大介 土屋神葉 木島隆一 中島ヨシキ 高塚智人 土屋神葉 沢城千春 中澤まさとも 中島ヨシキ
鬼女 三上枝織 岡村明美 森 優子 逢田梨香子 吉岡茉祐 香里有佐 柚木涼香 岡村明美 古賀 葵

※開場は開演の30分前。新型コロナウイルス感染症の状況により、時間が変更になる場合がございます。

 

日付・曜日 開演時間 安倍晴明 藤原和人 鬼女
8/31(火) 19:00 浜田賢二 廣瀬大介 三上枝織
9/1(水) 19:00 中澤まさとも 土屋神葉 岡村明美
2(木) 19:00 伊藤健太郎 木島隆一 森 優子
3(金) 13:30 赤羽根健治 中島ヨシキ 逢田梨香子
19:00 井上和彦 高塚智人 吉岡茉祐
4(土) 12:30 神尾晋一郎 土屋神葉 香里有佐
18:00 井上和彦 沢城千春 柚木涼香
5(日) 12:30 三木眞一郎 中澤まさとも 岡村明美
18:00 笠間 淳 中島ヨシキ 古賀 葵

※開場は開演の30分前。新型コロナウイルス感染症の状況により、時間が変更になる場合がございます。

出演者出演者

  • 赤羽根健治
  • 伊藤健太郎
  • 井上和彦
  • 笠間 淳
  • 神尾晋一郎
  • 木島隆一
  • 沢城千春
  • 高塚智人
  • 土屋神葉
  • 中澤まさとも
  • 中島ヨシキ
  • 浜田賢二
  • 廣瀬大介
  • 三木眞一郎
  • (五十音順)
  • 逢田梨香子
  • 岡村明美
  • 香里有佐
  • 古賀 葵
  • 三上枝織
  • 森 優子
  • 柚木涼香
  • 吉岡茉祐
  • (五十音順)

舞:山村楽千代 
地方:佐藤紀久子 
笛・囃子:設楽瞬山 
太鼓:望月左京

 

チケットチケット

全席指定 7,500円(税込)


〈キャスト先行〉
7月16日(金)18:00〜7月26日(月)11:00
 
〈ぴあ・プレリザーブ〉 
7月29日(木)11:00〜8月2日(月)11:00
 
〈東京音協オンライン先行抽選〉
 7月29日(木)11:00~8月2日(月)11:00

                      

主催:東京音協/ぴあ  
企画・制作:東京音協  後援:文化放送

スタッフスタッフ

脚本・演出 村上信夫

作家・放送作家・茨城大学教授  映画やテレビドラマ、ネットドラマの脚本をはじめ、音楽番組、報道番組、ドキュメンタリーの構成と幅広く活躍。手掛けたテレビ番組は5000タイトルを超える。人気ラジオドラマ「アナザーワールド 犯罪心理学者」シリーズ('02~'09)の原作・脚本、アナウンサー朗読ライブ「ラヴシーンⅠ・Ⅱ」('96~'97)(フジテレビ)、歌舞伎舞踊の舞台、愛知万博などの構成・台本も手掛ける。
立教大学大学院修了(専門;メディア論、危機管理論)。

【著書】

  • • 『子どもの安全はこうして守る!』(グラフ社)
  • • 『犯罪心理学者花見小路珠緒の不思議事件ファイル』(グラフ社ミステリー)
  • • 『企業不祥事が止まらない理由』(芙蓉書房出版)
  • • 『会社をつぶす経営者の一言「失言」考現学』(中公新書ラクレ)

舞・山村楽千代

山村流師範 東京深川生まれ、6歳より若柳流の踊りを習い始め、15歳で名取、2年後には師範となる。
文楽の吉田蓑助師(現:人間国宝)の紹介で17歳より吉村流四世家元 故・吉村雄輝師(人間国宝)の元で地歌舞(上方舞)を習い始める。
その後、吉村雄輝師の紹介によって、地歌舞の名手として世に知られた故・山村楽正師(勲四等叙勲)の門下となり本格的に芸の道へ入った。平成23年からは観世流仕舞を野村四郎(現:人間国宝)に学び、第11、12、14回の「舞の会」は文化庁芸術祭参加公演として本行物の地歌を取り上げ、原点である能に一旦戻って作品の見直しを行うという意欲的な舞台で野村四郎師と共演。また、社会学者の鶴見和子氏の回忌である「山百合忌」にて、上皇后陛下御前にて自身による作舞の新曲を舞った。その他、地元活性化の一助となることを願い、東日本大震災の起きた平成23年より富岡八幡宮へ毎年舞を奉納している。

音楽プロデューサー 佐藤純之介(制作進行、お囃子を除くすべての音楽監修を含む)

2001年に上京、レコーディング・エンジニアとしてJ-POPの制作に参加。
2006年、株式会社ランティスに入社。ディレクター兼A&Rとして多数のアーティストの発掘、デビューまでを手がけ、最盛期には年間400曲以上の楽曲を制作。2018年4月、株式会社バンダイナムコアーツ音楽事業統括部チーフ・プロデューサーに就任。
2019年9月末同社を独立の為退社。2020年1月株式会社Precious toneを設立。

音楽監督 印南俊太朗(劇伴&SE含む)

幼少よりクラシックギタリストの父の影響を受け音楽を始める。学生の頃にピアノ、ギター、ベース、声楽を始め大学ではドラムを専攻。女優である菊地凛子とのバンドを経て、作曲家、音楽監督として活動中。映画や2.5次元、生演奏ミュージカルなど多岐に渡る作曲を続けている。

【主な作品】

  • ・ 2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージシリーズ
  • ・ 2.5次元ダンスライブ「ALIVE」ステージシリーズ
  • ・ 生演奏ミュージカル「信長の野望」〜炎舞〜

エンディングテーマ「鏡」
Sarah L-ee

カナダ出身のトライリンガル(英語、日本語、韓国語)シンガー。ラッパー。三つの言語をベースに作詞、作曲を手がける。
Pop, R&B, Hip Hop, Funk, Jazzといった様々なジャンルを得意とし、美麗な歌声と力強いラップを使い分け、幅広く柔軟に表現する。

キービジュアルデザイン 澤島大賀(WHITE Phat Graphics)

グラフィックデザイナー。1998年生まれ、東京都出身。目黒学院高等学校卒業後、東京モード学園入学。在学中にお台場夢大陸×TGC、損保ジャパン日本興亜など企業との産学連携にて多数受賞。卒業後、WHITE Phat Graphics入社。石川さゆりやハロプロ等多数のアーティストのデザインに携わる。国内のみならずEXID等の海外アーティストのデザインにも携わり、演歌からJ-POP、K-POPまで幅広く手掛ける。また、ミュージカル『BOY FROM OZ』をはじめハロプロアーティストのコンサート、その他多数の舞台やコンサートのヴィジュアルからロゴ、クッズデザインにも携わり、政治家の選挙ポスターやリーフレット、量販店の食品パッケージ等多方面でも活動中。

会場情報会場情報

銀座8丁目博品館劇場銀座8丁目博品館劇場

〒104-8132 東京都中央区銀座8-8-11
TEL:03-3571-1003 FAX:03-3571-8256

銀座駅から
東京メトロ 銀座線・丸の内線・日比谷線 ⇒『銀座駅』A2出口より徒歩5分

新橋駅から
JR『新橋駅』⇒銀座口より徒歩3分
東京メトロ 銀座線『新橋駅』⇒
出口1より徒歩3分

本公演においての注意事項


本公演につきまして、新型コロナウイルス感染症に対し適切な対応を行った上で開催いたします。
ご来場いただくお客様のかれましては、公演実施に関し新型コロナウイルス感染拡大予防対策について、皆様のご理解とご協力の程、何卒、宜しくお願い申し上げます。

ご来場のお客様へ公演実施に関し新型コロナウイルス感染拡大予防対策についてご協力とお願い

【注意事項】
◆未就学児童の方のご入場はできません。
◆本公演について開演時間、出演者が予告なく変更される可能性がございます。
出演者変更によるチケットの払い戻しは行いませんのでご了承ください。
◆チケットの紛失や破損の場合、再発行は出来ません。チケットは当日までご自身で大切にご保管ください。
◆新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインの変更があった場合に、座席の変更をする可能性があります。
◆感染症予防の観点から、お座席内でのキャストへの声援は禁止とさせていただきます。
また、会場内でお客様同士の大きな声での会話も、極力お控えくださいますようご協力をお願い致します。
◆車椅子でご来場されるお客様は、事前にお問い合わせ先までご連絡ください。
◆振替前のチケット(6月公演)は、振替公演(9月公演)にはご使用いただけません。新たにチケットが必要になりますのでご注意ください。

【楽屋花・プレゼントについて】
新型コロナウイルス感染予防対策の一環として、出演者へのスタンド花やアレンジ花はお受けしておりません。
事前にお手配頂いてもお受け取りできませんのでご了承ください。
お手紙、プレゼントにおきましても同観点よりお断りしておりますので、公演当日のお持ち込みはご遠慮ください。

本公演に関するお問い合わせ:https://t-onkyo.co.jp/(東京音協)

page toppage top
Copyright © 2021. All Rights Reserved.
このページの上部へ